スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CFDとPOの投資

最近、話題になっているCFDを使ったPOの投資について調べてみました。

CFD取引は税制面で不利(FXと同じ雑所得になる)があるみたいですが、「逆日歩」や「売り禁止」対策で有効です。

今、POを実施しているベルパークは最高料率の逆日歩がついて、すごい事になっています。
もちろん、マツダ、昭和電工、野村HDもPO期間中に逆日歩が付いています。

あと、GSユアサや野村不動産のPOでは突然の売り禁止になって、たいへんな事になりました。
POで売り禁止になることはよくあるみたいです。

投資ブログを見ていても、CFD取引を、POの投資で使っている人はたくさんいるみたいです。
私もCFDの口座を開設しました。
非常用には必要ですね。

PO期間中に株価が大きく上下に動いた時は相殺ができず不利になりますが、私は確定申告不要の特定口座での取引ですし、給料も低いので税金上はそれほど関係ありません。
高給取りの人は困るかもしれませんが・・・・・・・・

CFD取引については、また詳しく報告したいと思います。



CFDとはContract For Differenceの頭文字をとった略語で、日本語に訳すと差金決済取引となります。イメージを掴むために、かんたんな例えを出しますと、FXのなんでも版です。逆に言えば、FXはCFDの中の通貨に絞った金融商品とも言えます。CFDでは世界の株価指数や個別銘柄、金や原油などの商品、債券や恐怖指数といわれるVIX指数(マーケットボラティリティインデックス)などの指数にまで、様々なものに投資をすることができます。
日本ではまだ新しいこのCFDですが、イギリスではなんと全金融市場のシェア30%を占めるという非常にメジャーな商品なのです。金融先進国のイギリスでこれだけのシェアを占めると言うことは、いかに便利で、取引をする人が多いということを容易に想像できます。
(All About)

スポンサーサイト
[ 2009/10/18 10:30 ] CFD | TB(-) | CM(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。